投稿日:2016/05/12

アルパカに触れてみる

こんばんは!

最近は気温もぐんぐん上がり、日中はあたたかいを通りすぎて暑い日もありますね。
アルパカたちも今一番毛が伸びて暑い思いをしているかもしれません。

アルパカは日本では梅雨前に毛刈りをすることが多いので
今は一番のモフモフチャンスです。

モフモフのアルパカは思わず抱きつきたくなりますが
基本的には臆病なので抱きつかれる前に驚いて逃げます。
中には人が大好きで動じない子もいますが…

アルパカは犬や猫のように頭を撫でるとビックリするので
首や背中をやさしく撫でるといいようです。
あの一番もっさりしているおしりを後ろから触りたい…と思ってしまいますが
後ろから触りに行くと、後ろ足でキックされますので
アルパカが人間を確認できる範囲で、やさしく体に触らしてもらうと驚かないと思います。

近づけば逃げていくし、待つと寄ってくる…
そんなアルパカの性格も可愛さの一つかなと思います。
アルパカは口の匂いを嗅ぐという習性もあるので、人間の口元に近づいてきたりします。
安心してください。臭くないですよ。
アルパカの口元はとっても柔らかくて気持ちいいです。

よく、臭いつばを吐くと言われていますが、臭いつばはアルパカが嫌な思いをした時攻撃する際に発射します。
発射する前にゴニョゴニョと喉元で準備の音が聞こえるので
そんな音が聞こえた際には、アルパカが機嫌を損ねたと思いその場からそっと立ち去るといいです。


動物との距離というのも大事にしたいですね。
是非この時期のアルパカたちにふれあいに行ってみてください。

それでは本日もご覧頂きありがとうございました。
またよろしくお願い致します。