投稿日:2016/03/10

アルパカのフェルトシート

こんばんは!​

本日はアルパカのワッペンを作るためにフェルトシートを作りました。

アルパカ毛は羊毛よりフェルトになりにくいですが
独特のヌメリ、しっとりした触り心地がいい感じです✨✨

色味は少しわかりづらいですが、薄ベージュ、ローズグレー、アイボリーです。

アルパカ毛や羊毛などの獣毛繊維は、水や弱アルカリ性溶液(セッケン液など)を含ませたり、
熱、圧力、振動などを加えると,繊維どうしが絡み合い離れなくなる性質を持っていて
この現象をフェルト化とか縮絨(しゅくじゅう)といいます。

 

さくらてあみのフェルト製品はまだ少ないのですが
        

以前にもご紹介しましたフェルトソープや、しずく型・キューブ型のペーパーウェイトなどがあります。
こちらはニードルフェルトと言って、針でちくちく刺しながら形を作っていくのですが

今回のフェルトシートは、水フェルトといって、石鹸水をかけながら、ひたすら撫でて作りました。
気のせいかもしれませんが、手がツルツルになったような…😁


少しずつフェルト製品も増やしていく予定です。

それでは本日もご覧頂きありがとうございました。

本日はこちらの髪型がキマってるアルパカさんでお別れです。

またよろしくお願いいたします。