投稿日:2016年02月14日

アルパカ仕事(毛のごみとり~洗毛)

こんばんは!

 

さくらてあみでは日本のアルパカの毛を1頭ずつ小分けにして

毛のごみ取り、洗い⇒つむぎ⇒編みをしてニット製品を制作しています。

最初の工程、毛刈りしたアルパカの毛のごみ取り、洗いの紹介をします。

ふわふわのアルパカは1~2年に1回毛刈りをします。
ふわふわ  ゴリラみたいな顔ですね。

IMG_1410

 

 

スッキリ毛刈り後 涼しくなります。

毛刈り後の毛はこんな感じです。  

そして毛刈りした毛がこちら?

ワラやら土やらいついてますね~
汚れ具合はアルパカそれぞれ違います。

手作業で細かいゴミを取り、土や不純物などを洗い流します。
泥浴びをする子は水が真っ黒になります。??
乾燥させて、またゴミを取りながら、カード機というヘアーブラシのようなもので毛の繊維を整えます。

そして  ジャーン✨✨✨

このように見違えるほどふわふわのキレイな毛になりました。✨
このキレイなフワフワを見ると頑張った甲斐があります??

コツコツ頑張って、小さいゴミも丁寧に手で取り除くようにしています。
ここまでが第一段階です。


さてここからアルパカの毛がどんどん形を変えていきますよ~!!

 

本日も、ご覧頂きありがとうございました。

イケメンくるくるパーマのアルパカでお別れです?

またよろしくお願いします。

image1 (28)

関連記事